Topニュース・お知らせ > 教育の大変革時代に向けて、新会社「学研教育アイ・シー・ティー」設立

ニュース・お知らせ

ニュース

教育の大変革時代に向けて、新会社「学研教育アイ・シー・ティー」設立

2014年11月27日

10月8日、株式会社学研ホールディングス(東京都品川区、代表取締役社長:宮原博昭)は、100%出資により、株式会社学研教育アイ・シー・ティー(東京都品川区、代表取締役社長:北居誠也)を設立いたしました。

東京オリンピックが開催される2020年に向けて教育のトレンドが大きく変わろうとしています。
新しい教育のトレンド、特に教育のICT化にいち早く対応すべく「株式会社学研教育アイ・シー・ティー」を設立し、学研グループ各社のコンテンツ・システム・ノウハウを集約、「学校・塾・家庭」に向けサービス提供し、教育ICT事業に本格的に取り組み、事業の拡大をスピードアップさせていきます。

事業内容

1.学習コンテンツ・サービス提供事業
データベース化された学研グループの学習コンテンツや学習システムを小中学校や塾、家庭に提供します。また、ハードメーカー様や流通事業者様などへ協業の枠組の中、学習コンテンツの提供も行います。
2.学研グループ各社のICT事業支援
学研グループ各社がそれぞれの領域において展開する教育ICT事業について主に企画・商品開発面を支援します。
3.教育ICT関連R&D事業
教育ICTに関する知見・ノウハウ・コンテンツを生かし、官公庁・外郭団体等の受託案件に取り組みます。

代表取締役社長 北居誠也より「新会社設立に向けて」

世界の変化が加速度を増す中、日本におきましても「大学入試改革」「教育のグローバル化」「公教育のICT化 タブレットPC生徒一人1台の導入」と東京オリンピックが開催される2020年に向けて教育改革の施策が矢継ぎ早に打ち出され、検討されています。教育に期待される役割はますます大きくなり、スピードも求められています。ただ、これまでの教育の進化の速度では間に合いません。

この社会的要請に対応するためには日進月歩のICTを活用するのがベストです。ICTが教育のイノベーションを可能にします。

このような社会的背景の中、誕生したのが㈱学研教育アイ・シー・ティーです。

私たちは学研グループのコンテンツとICTを活用し、「学校・塾・家庭」それぞれの環境に適し、かつ子ども達により添ったより良質の学習サービスを開発し、学ぶ喜びを提供し続けることをミッションとします。
わたしたちの最終目標はICTを活用した「学校・塾・家庭の連携」です。「連携とは何か?」。実績を積み重ねながらその答えに一歩ずつ近づきたいと考えています。

<会社概要>

株式会社学研教育アイ・シー・ティー
〒141-8424 東京都品川区西五反田二丁目11番8号
http://gakken-ict.co.jp/
資本金
1億円
株主
株式会社学研ホールディングス
代表者
代表取締役社長 北居誠也
役職員数
18名